スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HD】キャラ紹介5:ジョナサン

先日めでたくATKカンストしたので第5回はジョナサン。
サブウェポン育成のマゾさはホンモノですが、完成が近づく
と出来ることの多さから、他の鞭勢では出来ないプレイが
楽しくなって来ます。




うるさいイケメン。


■基本設定
ヴァンパイアハンター一族ベルモンド家の傍系モリス家の出で
懐かしのMD VAMPIRE KILLERの主人公ジョニー・モリスの息子。
月下の夜想曲にて闇の眷属に操られたリヒターがヴァンパイア
キラーに拒絶されたことから、様々な試練を経て聖鞭は
ジョナサンの手に託された。
シャーロットと供に悪魔城の探索に向かう。


■遍歴&テーマ曲(は、シャーロット参照)
シャーロットと同じくDSギャラリー・オブ・ラビリンスの
主人公。当ソフトでは性能的に冷遇されていたシャーロット
の分まで殆どの場面でフル稼働する。
作品が同一なのでTAS動画などはシャーロットの項目参照のこと。

ちなみにGOLではこんな顔でした。

chr_1.gif
意外と面長だ。



■HDでの基本性能
異様に豊富なサブウェポンとマーシャルアーツが用意された
キャラ。そのことは即ち、スタートラインに立つまでが非常に
長いことを意味する。その大量のSWにせよアーツにせよ、
宝箱から入手しなければならず、当然SWは全て熟練度方式。

全SWをLV9にした際の基本ATKは65なのだが、SWの数が多すぎる
ため1項目を1LV上げた際のATKの上昇率は他の鞭勢の半分しか
無く、熟練上げの労力が倍かかる(しかもカンスト時のATK
は鞭勢で最低)。

このため、スタートダッシュが極めて遅いキャラになっている。
DLC登場前の使用キャラでは唯一の鞭使いではあったが、この
事実から活躍に至るまでが遠く、敬遠されがちなキャラだった。

しかしながら。完成に至れば他の鞭勢が持っていないタイプの
SWが多いため、ジョナサンだけが攻撃できる射角や距離が多い。
マーシャルアーツは無敵時間に優れ、それらの組み合わせで
育成開始当初は倒すことすら苦労した敵を手玉に取れるように
なっていく。

武器装備キャラの蒼真・アルカードと違って、育成完成に絡む
ドロップ運は防具に限定されるため、時間さえかければ確実に
完成に近づいていく、地道なプレイを好み運に左右されるのを
嫌うプレイヤーにはこの上なく向いている。

「完全完成しても弱キャラなんじゃないの?」という声に
端的に回答しておくと、全然そんなことはありません。
通常攻撃の鞭の性能が他の鞭勢よりダントツに悪いという部分
が誇張されていると思われます。


■HDでのスキル性能
・通常攻撃
ヴァンパイアキラーで固定。残念ながら後発のベルモンド本家
のキャラ達に比べて性能的にツラいものがある。
具体的にはリーチ短め、打点高め、発生遅め。硬直に関しては
バックステップ+しゃがみキャンセルがあるので特に面倒は
無いが、鞭勢共通の注意点として、キャンセルが早すぎると
鞭が出る前にバックステップに移行してしまう。


・パーソナルスキル
ガード(消費MP0)。
 文字通りガードすることでダメージを半減する。空中可。
 ただししゃがみで発動しても立ちガードが出るので、
 しゃがんでいれば回避できたはずの攻撃にも引っ掛かる。

 無敵時間付きのマーシャルアーツが豊富にあり、ヤバい攻撃
 には回避パターンもあるため、ガードするのは本当に緊急時
 だけではあるが、勿論無いよりあった方が良い。

 また、他のアクションをキャンセルして出すことで硬直消し
 にも使える。空中版で空中SWをキャンセルして連発なども可。

・マーシャルアーツ
アッパー(消費MP5)
 上昇中無敵、威力は通常攻撃の約1.7倍。
 ユリウス・リヒターと共有の無敵昇竜。二人のものと比べて
 上への攻撃判定が小さい分、炎のエフェクトにより横への
 判定は最大で、対地での利用に向く。

デンジャラス・ニー(消費MP3)
 動作中完全無敵のジャンピングニー。地上限定。威力は通常
 攻撃の約1.3倍と控えめではあるが、消費MPが非常に低いので
 鞭の性能がパッとしないジョナサンにとっては主力級。
 当たれば跳ね返るので安全性もほぼ問題無いが、昇り坂で
 出すとほとんど飛ばずに動作終了してしまうので要注意。

ソニックアタック(消費MP15)
 入力完成後に構え、突進しつつ相手をすり抜けて斬撃。
 地上限定。威力は通常攻撃の約1.3倍とコストの割には低め。
 突進時は無敵状態になるが、構え部分は無敵ではないので
 弾抜けに使う技ではない。突進距離は4キャラ分ほどで、
 密着から出せばファイナルガードの裏に回ることも可能。

 しかしこの技の真価はソニックジャンプにある。
 段差のある地形の高い側の崖際でこの技を入力し、コマンド
 の最後の前を入れっぱなしにしておくと、高速で横にジャンプ
 することが可能。通常のジャンプ扱いなので、更に二段
 ジャンプも可能。そのタイミング次第で通常届かない場所に
 飛び移ってショートカット出来る。

前転(消費MP10)
 文字通り前転で、地上限定、動作中完全無敵。移動距離は
 約4キャラ分。デンジャラス・ニーと違って攻撃判定が無い
 ので敵や罠のすり抜けに特化しており、その用途では発動前
 のタメが無い分ソニックアタックより適任。
 昇り坂に沿って転がってくれるので、落石も避けやすい。
 残念ながら消費MPが色即是空の倍なので、移動を全てコレ
 にするのはかなり無謀。


・ハンタースキル
ヴァンパイアハンター基本セットは他の鞭勢のページを参照して
戴くことにして、本稿ではジョナサンのオリジナルサブウェポン
だけを解説する。
正直、ATK成長に対する嫌がらせのような使えない技と、他の鞭勢
には出来ないことを可能にする強い技に明確に二分される。

くない(消費MP10)
 前方に扇状にくないを投げる。空中可。地形・敵とも非貫通。
 初期状態は3方向、LV5で4方向、LV9で5方向になる。他の鞭勢
 が攻撃出来ない射角である前斜上遠距離や前斜下遠距離を狙う
 ことが出来るため、非常に使い勝手が良い。
 ただし、性質上1体の的に複数のくないをヒットさせるのは
 巨大ボス以外はほぼ不可能なので、火力的には然程高くない。
 逆に複数~全弾ヒットが狙えるボスには絶大な火力を出せる。
 ヒット間隔制限がほぼ無く、バックステップ+しゃがみでの
 キャンセル利用で連射、もしくは空中ガードでのキャンセル
 で空中で連射すれば多段ヒットが狙える。

コンバットボム(消費MP12)
 手榴弾を投げる。空中可。手榴弾は地上版・空中版を問わず
 地面でバウンドしてから1秒後に爆発。爆炎は初期状態は2hit、
 LV5で3hit。LV9では横の攻撃判定拡大に加え、グラフィックが
 M24型柄付手榴弾に変化する。
 ・・・と、内容的に凝ってはいるが、動いている敵に対して的確
 に爆炎を当てるのが難しいため、非常に使いにくい。
 一応、壁に密着して壁側に投げれば即座に爆発はするのだが
 その状態で当たる敵にはほぼ接触ミスになってしまうだろう。
 爆炎の攻撃判定や威力自体はそんなに悪くない。横座標が完璧
 でさえあれば、龍骨鬼の心臓部にも届いたりする。

ブーメラン(消費MP10)
 文字通り前進後にUターンする飛び道具。空中可。
 LV9でグラフィックが大型化し、カーブ軌道がやや強くなる。
 画面中央で使うと正面画面端でターンして後ろの画面端まで
 行くような非常に独特の軌道を持つが、地形を貫通できない
 ので、部屋で仕切られている章では真価を発揮出来ない。

手裏剣(消費MP10)
 正面方向の地面に向かって手裏剣を投げる。空中可。初期状態
 では3本、LV5で4本、LV9で5本+グラフィック大型化。
 正面への射程距離は軌道のイメージより大幅に長く、空中使用
 すれば更に延長される。ランダム湧きの敵やのみ男の処理など
 非常に牽制力が高い。ただし空中版は射角の内側に死角アリ。
 地上で使用すれば発生の遅いしゃがみ鞭でフォローしにくい
 密着地上を即座に攻撃も出来る。
 各々の手裏剣は固定軌道で飛んでいる訳ではないらしく、中型
 以下の敵にも1使用で多段hitしてくれることが多いため、火力
 面でもそれなりに頼れる。

紙飛行機(消費MP5)
 発生直後に上昇してクルッと1回転してから正面やや下向きに
 飛ぶ飛び道具。LV5で極上パロディウスのあいつが搭乗し、LV9
 で二人乗りになる。空中可。
 見た目が面白く極めて低燃費で正面に飛ぶ飛び道具のため印象
 より使える技・・・ではあったのだが、L.ナイフの登場により
 立場が奪われてしまった。
 一応、発生直後の上昇部分は対空的に使え、その用途はL.ナイフ
 では不可能ではあるが、鎖付き鉄球が当たる間合いなので・・・。

鎖付き鉄球(消費MP12)
 GOLでスタートボタンを押した際のSHOW TIME!でお馴染みの
 鉄球をブン回す攻撃。地上限定。コマンドに使用したボタンを
 押しっぱなしにしている限り回転を継続する。
 地形を無視するため、鉄球の軌道を合致させれば非常に使い易い。
 回転の軌道はジョナサンの前方斜上と後方斜下をフォローする
 ため、振り向いて入力すれば正面地上への攻撃としても利用可能。
 LV9で鉄球がトゲ付きになるため、LV8以下と9の差が他のPCに
 明確にバレてしまうのが難点ではある。


■トレハンライフ
・自分用
何はともあれマーシャルアーツとサブウェポンを集めるところから
始めなければならない。これはDLC章に多種を一気に配置されて
いるので、最初はノーマル7章の緑箱である程度揃え、狙いが少なく
なってきたら特定章を選ぶようにすれば早い。
LCKを上げて敵からの直接ドロップを狙う手もある。のみ男が
紙飛行機、グルカマスターがブーメラン、フランケンがコンバット
ボムを落とす。

レアアイテムを狙ってボスをノックするためには、SWの熟練度を
平均して上げていきATKを高めないとツライものがある。
幸い、鞭勢はドロップが絡むのは主に防具であり、最強と言って
過言でない風魔セットはハード11章の中ボスの後ろにある紫箱狙い
のリタマラでも獲得できるため、そこにたどり着ける程度の戦力
を何とかすれば、別に中ボスに勝てなくても良い。(※最初は。)


・他キャラ用
ハード7章におけるミリオネアリング、ハード9章におけるソニック
ブーツを狙う際に、他の固有レアが設定されていない鞭勢は適任
と言えるため、これらのボスに勝てるようになっておきたい。

また、他の鞭勢と共有できるL.聖水とL.クロスは、店売りの
L.ナイフ&L.斧とは異なり、ノーマル10章金箱orハード10章紫&
金箱から取得しなければならないため、L.ドラキュラ戦はこなせる
方が良いだろう。


■HDでの細かいこと
・ショーターイム!

・オッケェェイ!

・櫻井孝宏を悪く言うつもりは無いが、とてもうるさい。

・レバー上入れっぱなし放置1秒後のポーズや、デュアルクラッシュ
 申請のポーズがやけにJOJO立ち。名前がジョナサンだから?

・絵に入ったときのセリフが2パターンとも狂っている。

・原作では鞭以外の普通の武器も使っていた。むしろ鞭を使うと
 そのたびに寿命が削られていた。サブウェポンで我慢。

・ジャンプ中に前傾姿勢なためか、食らい判定が前に出る。
 また、開閉するトゲつきのトビラに密着してジャンプすると
 何故か下のトゲを食らう。
 ゲーゴス道場ではこれを利用して、ゲーゴス先生が遠くに行った
 場合に素早く自殺することが可能。オッケェェイ!

・とにかく育成項目が多い。オリジナルサブウェポンは使えない物
 でもATKのために育てねばならず、鞭勢基本セットは結果的には
 燃費と火力の点でATKに無関係なL.シリーズに乗り換えなければ
 ならない。軌道面では無印でも良いのだが、瞬間火力とMP回転の
 点だけはどうにもならない。

・金箱を開けた際に鉄球を回しっぱなしの人がよく居ると思う。(?)
 真似しても自分だけ回転が終わってしまい悩んでいるアナタ。
 この現象はプレイヤー自身の画面では継続されないのです。
 パーティメンバーの画面ではちゃんと回しているので御安心。

・実はシャノアやシャーロットに文句を言われかねないほど無敵
 時間に恵まれたキャラ。SWを育ててATKを上げ、無敵の豊富な
 マーシャルアーツを実戦に組み込んでいくという、段階的な育成
 が必要なキャラと言える。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。