【HD】キャラ紹介7:リヒター

第7回は一族最強(笑)でお馴染みのリヒターさんです。
初登場のPCE血の輪廻から「2面で助けたマリアより弱い」
というネタ人生を開幕し、その後も多方面でネタを披露し
続け愛され主人公としての地位を確立しています。



西洋人の名前と東洋人の外見!


■基本設定
ヴァンパイアハンター一族ベルモンド家でも最強のヴァンパイア
ハンターと呼ばれる男。
先祖伝来の聖鞭ヴァンパイアキラーを操るだけでなく、強力な
体術と格別の聖なる力を誇り、アイテムの真の力を引き出す
「アイテムクラッシュ」を持つ(※HDには無い)。

・・・のだが。彼の愛され人生は次項の遍歴にて。


■遍歴
マリアの項目の通り、初出はPCE悪魔城ドラキュラX 血の輪廻。
PCEはストリートファイターII’がタイトルそのままで移植
された唯一の機種であることもあってか、そのリュウに強い
影響を受けたような外見が当初から愛される。
血の輪廻を実際プレイしてみると、2面で助けたマリアの方が
圧倒的に性能が高いのでまたしても愛される。まあ、これに
ついてはリヒターが弱いのではなく、マリアが兵器過ぎただけ。

リメイク版Xクロニクルでも二人の性能差は特に変わっては
いないのだが、メインイラストレータが悪魔城シリーズでは
おなじみの小島文美氏になり、氏はなんとかしてこの耽美系
の対極に位置する無骨なキャラを貴族方面に持っていこうと
したらしく・・・

richter1.pngrichter2.png


シルエットそのままで服のパーツだけ貴族的に持っていくのは
少々ツラかったようで、更に愛されてしまう。
HDでもイラストとドットがかなり違うのだが、それでも
随分ワイルド路線で妥協した結果だったのである。

5年後の物語であるPS月下の夜想曲では冒頭部に登場し、
いきなりドラキュラ戦。だが、血の輪廻で倒したはずの
暗黒神官シャフトに洗脳され、主人公アルカードの前に
立ち塞がってしまう。その際は小島氏が「最初からリヒター
のデザインをさせてくれたなら、こうした」と言う趣旨で
描いたのではないかとされる「黒リヒター」姿で登場。

rihiter3.png


すごく悪そう。しかしマリアに立場を食われ続けた悪夢から
開放されたかのようなはっちゃけっぷりで、何処と無く
幸せそうですらあるため、更に愛される。
ついでに言うと、月下のベストエンドでは人類の前から
姿を消そうとするアルカードを「追わなくて良いのか?」
とマリアを促す。このことを「リヒターがフラれた」と囃す
層もあるようだが、血の輪廻で交わしたのは養子関係か
もしくは義兄妹関係であるため、恋愛関係は元々無い。

その後、ギャラリーオブラビリンスでは月下での洗脳劇の所為
ヴァンパイアキラーから拒絶されてしまい、一線を退く。
鞭は傍系モリス家のジョナサンに託されるが、真の使い手と
なるための試練にて「むちのきおく」という試練キャラと
してリヒターそのまんまの姿で登場。要するにまた敵キャラ。

ついでにWiiジャッジメントという、黒歴史扱いとは言え一応
歴代人気キャラ大集合のお祭りゲーに呼ばれなかった。

しかしながら、血の輪廻以降も色々とアレな立場とは言え
ドットのあるキャラとして登場するため、隠しモードで
使用可能になることが多い辺り、本当の意味で愛されてる
キャラとも言える。

中でもギャラリーオブラビリンスのリヒターモードでは、
ジョナサン&シャーロットよろしくマリアとのタッグチーム
で登場。お互いの名を呼びはしないものの、キャラチェンジ
とバクステの交互連打で高速移動するのは変わらず、更に
マリアのこじんまりしたかわいいドットと、リヒターの
しなやかで強靭なスライディングキックによる機動力が
相まって変態度は実に高い。
更にこの作品のリヒターは空中でアッパーを何度でも出せて
しまうため、事実上飛行している。

参考:TAS動画(11分)
[TAS] 悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス
リヒターモード WIP3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13924681

相変わらず攻撃力はマリアの方が高いのだが、この飛行行動
はマリア側には全く不可能であり、「機動のリヒター・殲滅
のマリア」と賞賛された。


■テーマ曲
乾坤の血族。
PCE版から続くリヒターのテーマ。HDでのアレンジ版はBGM
パックに収録。後半フレーズが月下での黒リヒターのテーマ
「異形の血族」のミクスチャになっているのがファン泣かせ。


■HDでの基本性能
※DLCキャラなのでデフォルトでは使用できない。

一族伝統のヴァンパイアハンター基本セットとも言うべき
サブウェポン一式による熟練度型且つ鞭装備キャラの一人。
DLCを除く全サブウェポンLV9時のATKが鞭勢で最大の69な辺り
「一族最強」は伊達ではない。

更にジョナサンに並ぶ数のマーシャルアーツを所持し、その
大半が空中で使用可能。むしろ空中版の方が技後の硬直が
少なく、技同士を連続で出していけるため、空中コンボが
熱いキャラとなっている。うち3つは無敵時間がある。

一方、ニュートラル時の食らい判定が足元に大きく、段差の
上に居るのに下を通った敵が接触ミス扱いになるなど、格闘系
キャラとしてはやや大きいハンデも負っている。
また、アイテムクラッシュはオミットされた。


■HDでのスキル性能
・通常攻撃
伝統のヴァンパイアキラー。
ユリウスよりは短いが、ジョナサンに比べればかなり速く長い。
空中でも正面にしか撃てないが、空中ではマーシャルアーツが
多彩なのでそれほど不便は無い。

・パーソナルスキル
スピニングキック(消費MP0)
 文字通り単発のキックを繰り出す。空中可。
 消費MPがゼロで、通常攻撃より威力があり、空中版はやや移動
 するため段差登りにも使えると、何かと便利なスキル。
 技モーション後は空中判定となり、続けて宙返りやタックルを
 出すことも可能。
 ヒットすれば跳ね返るのでほぼ安全だが、届かない間合いから
 出すと敵にめり込む。難儀なことに、鞭がギリギリ届く間合い
 はスピニングキックがギリギリスカる間合いとなるため、
 鞭キャンセルキックに拘ると接触ミスになりやすい。

・マーシャルアーツ
スライディングキック(消費MP0)
 スライディングの後にもう一度ジャンプボタンを押すと、伸び
 上がるようにキックで長距離移動する。性質上、地上のみ。
 2回目のボタンを押しっ放しにするとヒット時に宙返りに移行し、
 ボタンを離していると貫通する。
 また、ヒット後に他の空中行動に派生できる。
 移動距離が長く、この技の動作速度は靴による移動力UPとは
 無関係であるため、移動速度UPの無い靴でもマルチプレイで
 置いていかれることが少ない。
 ただし、スライディングが強制終了する場所(段差の終わり等)
 ではこの技も出る前に終わったり、飛距離が出なかったりする。

アッパー(消費MP5)
 ユリウス・ジョナサンと共有の無敵昇竜。残念ながら空中不可。
 判定はユリウスほどではないが上にも割りと伸びるため、ある
 程度天井超え攻撃が可能。また、ジョナサンの炎エフェクト程
 ではないが上昇軌道のエフェクトがあるため横にもそれなり。
 要は上だけのユリウスと横用のジョナサンの中間的性能。

宙返り(消費MP0)
 空中でバックステップを行えるようになる。宙返りモーション
 中は無敵のため、飛び道具に対し背を向けてジャンプから低空
 で宙返りすればヒラリとかわせる。ただし、軌道の関係で正面
 を向いて実行するとかわした弾に追いついてしまうので注意。
 弾避けについては、実は弾速の高いハードの方が避けやすい。

 各種空中技の後に大抵出せる。また、宙返りのモーション自体
 をキャンセルして攻撃、マーシャルアーツ、サブウェポンを
 出すことが可能。つまり空中コンボに宙返りキャンセルを組み
 込むと、行動を1手増やすことが出来る。

タックル(消費MP15)
 体の周囲に鞭を振り回しながら渾身のタックル。空中可。
 突進モーション中は無敵で、突進距離は約4キャラ分。密着から
 出せばファイナルガードの裏を取れる距離。
 空中版の方が終了硬直が少ないため、対地であっても低空から
 出すのが基本。コマンドは少々長く、リヒター本体は歩き終了
 モーションに微妙に隙があるため、コマンドミスが怖い。
 空中版はタックル終了後に各種空中行動が可能。

・ハンタースキル
投げナイフ(消費MP6・突属性・空中可)
 初期装備。良燃費、素直な軌道、短いヒット間隔制限と使い易い。
 LV5で2本、LV9で3本一度に投射する。
 しかし、L.ナイフが燃費と威力の両方で勝っているので、行く
 行くはそちらに乗り換えたい。投げナイフをLV9にするのはその
 過程であり、ATKへの還元のため。
 一応、最大飛距離はこちらの方が長いのだが、余計な遠距離の敵
 をアクティブ化させてしまうデメリットもある。

斧(消費MP12・斬属性・空中可)
 お馴染みの対空→自由落下軌道の斧。横リーチの短さが厳しいが、
 ジョナサン以外の鞭勢は上をカバーする飛び道具に乏しいので
 用途はある。LV5でグラフィック変更、LV9で再変更+判定拡大。
 こちらも燃費と威力で勝るL.斧があるが、斧は無印のみが天井
 を貫通するため、場合によっては使い分ける必要がある。
 アックスアーマーを倒していればイヤと言うほど入手できる。

クロス(消費MP15・光属性・空中可)
 水平に投げ、X座標水平のままUターン。飛行中は敵を貫通。
 光属性が弱点の敵は多く、短距離とは言え直進飛び道具としても
 使い易い部類。同じく燃費と威力に勝るL.クロスがあるが、L.の
 方は射出後の前進距離が短い上に低速なので、飛び道具としての
 使い勝手はこちらが上。動かない敵への火力はL.が遥かに上。
 ノーマル5~7章で金箱などから入手可能。

聖書(消費MP15・光属性・空中可)
 螺旋状に旋回する聖書を投げる。消滅まで多段hit且つ貫通。
 LV9でグラフィック巨大化に伴い判定拡大。
 狙って当てるのは難しいが、シールド的に置いておく用途では
 使いやすく、メディウサヘッド地帯などで役立つ。L.版は無い。
 ノーマル2章紫~金箱などで入手可能。

聖水(消費MP15・炎+光属性・空中可)
 地面にビンを投げて炎を上げる聖水。スキルLVで前進距離と炎の
 高さ(判定)が拡大し、LV5で最大5hit、LV9では最大6hit。
 元々前進する飛び道具としての用途よりは重点爆撃による火力
 が問われるサブウェポンのため、L.聖水に乗り換えたいところ。
 ノーマル4章や6章の紫~金箱で入手可能。

ちょうこう石(跳鉱石・消費MP12・突属性・空中可)
 地形に当たると反射する跳弾。画面外の敵をアクティブ化したり
 破壊可能な地形を先に壊したりと不便な点が目立つ。
 LV9で反射回数が増加。狭い部屋に居る巨大な敵には非常に強い。
 要はベルゼブブ大先生のお友達。レギオンも結構好き。
 各章のレライエが直接ドロップする。

ジャベリン(消費MP10・突属性・空中可)
 弧状の軌道で槍を投げる。槍は地面か壁に刺さる停滞し、飛行中
 から合計3回分攻撃判定が発生する。LV5とLV9でグラフィック変更。
 性質上、動きの速い敵には使いにくいが、遅い~動かない敵には
 かなり有効。また、ベルゼブブのような巨大な判定の塊の場合は
 落下に伴って3回以上当たる場合もある。
 DLC8章の追加サブウェポン。ノーマル・ハードとも紫~金箱で
 入手可能。
 DLCサブウェポンのためスキルLVがATKに影響を持たない。

L.ナイフ(消費MP4・突属性・空中可)
 8bitドットのナイフを投げる。DLC10章orシモン導入後にショップ
 で購入可能。
 元々燃費の良かった投げナイフより更に低燃費で威力は上。
 唯一、最大飛距離は劣るが、それすらも余計な対象に当たらない
 点でメリットとも言える。
 DLCサブウェポンのためスキルLVがATKに影響を持たない。

L.斧(消費MP10・斬属性・空中可)
 8bitドットのナイフを投げる。DLC10章orシモン導入後にショップ
 で購入可能。
 斧の軌道そのままに燃費を改善し、一度に複数の斧を投げるように
 なったため威力に勝る。ただし地形を貫通できない。
 DLCサブウェポンのためスキルLVがATKに影響を持たない。

L.クロス(消費MP12・光属性・空中可)
 8bitドットのクロスを投げる。DLC10章で、ノーマルなら金箱、
 ハードなら紫~金箱で入手可能。
 無印クロスと異なり、射出後の前進距離は短く、Uターン後の後退
 距離が非常に長く、弾速は非常に低い。
 以上の性質から、動きが遅い~動かない敵に対し、後ろ向きに投げ、
 キャッチせずにUターン後を当てると低速な分多段ヒットし高火力。
 つまり無印クロスとは大分用途が異なる。
 DLCサブウェポンのためスキルLVがATKに影響を持たない。

L.聖水(消費MP12・炎+光属性・空中可)
 8bitドットの聖水。無印と違って投げた瓶にも攻撃判定があるため、
 レギオンの最上部から投げると貫通弾になったりする。
 着弾から発火までが遅いが、無印よりかなり高火力。そのため別々
 のコマンドに4箇所登録してヒット間隔制限を回避すると、光属性
 が弱点のボスを瞬殺できたりする。鞭勢でのアシュタルテ戦や、
 絵に入らないと左右に動けないブローネルなどに有効。
 DLCサブウェポンのためスキルLVがATKに影響を持たない。


■トレハンライフ
・自分用
火力が高く、ジョナサンより仕上がりが早く、ユリウスほどでは
ないが移動力のあるコマンド技もある。
・・・が、マーシャルアーツを使ったコンボはそれなりに難しく
(空中が主体なのでジョナサンより操作的に難しい)、ボス戦での
集中的火力がL.系サブウェポンに依存し、マーシャルアーツの威力
のためには無印サブウェポンのLVを上げなければならない・・・と、
トレハンに耐えるようになるまでの下積みはやっぱり長い。

鞭勢共通の防具として風魔装備を狙う場合、11章は段差が多いので
色即是空やスライディングキックはそれほどアドバンテージが無い。
一方、L.クロスとL.聖水を狙う場合は、リヒターにとって10章の
L.ドラキュラは空中コンボを披露する場所として大歓迎。
練習のためにも足繁く参加しておきたい。

慣れれば5章デスも6章ドラキュラも空中コンボ披露会場だし、
L.聖水のLVを上げればアシュタルテもお得意様になる。

・他キャラ用
鞭勢は7章アシュタルテからウィングブーツとロイヤルクラウン
以外の固有レアが出ないため、ミリオネアリングを狙うのに適して
いるとされる。しかし、アシュタルテを高速で回すにはL.聖水の
火力が欲しいところなので、まずは熟練である。

10章のショートカットも蒼真に次いで理論化しやすいのがリヒター
であり、慣れれば単独でノック可能。L.クロスとL.聖水を複数取得
したければ狙う価値があるし、ハードでのノックに耐えるように
なればレジェンドセットも狙える(実用性はともかく)。


■HDでの細かいこと
・マ゛リ゛ア゛!゛

・ジョナサンやマリアと異なり、非常に暑苦しい方向でうるさい。
 死にながら「任せろ!」と力強く叫ぶほか、デュアルクラッシュ
 申請も誰に対してもうるさい。

・ちなみに海外版では物静かなユリウスと逆転しており、ユリウス
 がうるさく、リヒターは爽やか。

・スライディングキックのしなやか過ぎるバネが笑いを誘う。
 しかし靴の影響を受けない機動力があり且つ色即是空よりコマンド
 が圧倒的に簡単なので、初キャラにも意外とオススメできる。

・レバー上入れっぱなしで背を向け、しばらく経つとフッと笑う。

・登り鞭→二段ジャンプ鞭→スピニングキック→タックル→鞭→
 宙返り→キャンセル鞭orサブウェポンで、空中で6回行動出来る。
 尤も、登り鞭→二段ジャンプから入って全弾当たる高さ且つ
 タックルで裏に回れる敵というのは存在しないため、飽くまでも
 理論上のこと。実戦では登り低空スピニングキックから起動すると
 高火力のコンボを組める。

・足元の判定が下に大きいため、9章ベルゼブブの部屋では右下の
 段差に乗っていても下を通過する部下蝿がヒットしたりする。

・また、通常攻撃時に食らい判定が前に迫り出す模様。ゲーゴス
 道場で左下のトビラに密着して鞭を出すと下のトゲに当たる。
 何故か右下のトビラでは発生しない。どんな判定なんだ。

・タックルのコマンド精度がリヒターのプレイ感を大きく変える。
 特に登り低空スピニングキックから空中タックルを出せるのと
 出せないのでは、火力も面白さも全然違う。
 敵の居ない場所で練習しておきたい。

・出せるようになるとデーモン系の敵とか大好きになる。

・宙返りのおかげで弾速の速い弾ほど対処しやすい。L.ドラキュラ
 第二形態の拡散弾などは、ノーマルだと弾速が遅すぎて限界まで
 ひきつけないと宙返りで回避できなかったりする。
 弾速が高いハードの方が楽なのである。

・色々な意味で愛されているキャラなためか、プレイヤーにも
 面白い人が多いような気がする。多゛分゛。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する