スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HD】ユリウスのRB(鞭移動)

↑Bに斧かL.斧を登録し、↓↑・BY(ズラし押し)と入力
すると、アッパーのモーションの脇から斧をバラ撒いてる
ように見えてちょっと楽しかった。(挨拶)


色即キャンセルの新入力の記事で「磁石の近く以外では、
ユリウスの通常攻撃とRBボタンの効果は全く同じ」という
記述をしましたが、調査の結果、完全に同じではありません
でした。

RBの方はボタンホールドで鞭を出しっぱなしにする動作
が無い
というのがその差です。
RBの方はホールドに「磁石に掴まり続ける」という別の効果が
あるので仕方ないことですね。
ただ、相変わらず、この差と新入力での色即キャンセル連打
の成功率は理論的に結びついてくれませんが・・・。


そうそう、ようやく7章外壁を鞭で登れるようになったので
外壁登り、磁石近くでのサブウェポン使用、垂直に並んだ
磁石を登る(3章、5章、9章など)方法についてまとめます。


■7章外壁鞭登り関係の動画
復習のため、有名な外壁登り解説動画をまずは貼ります。

(参考)悪魔城ドラキュラHD:
ユリウスのぶら下がり登頂法(解説)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13266986

この解説では磁石にRBでぶら下がったあと、斜めジャンプ
から背面ぶら下がりでもう一度タッチし、次の磁石への
飛距離を稼いでいます。つまり1磁石2タッチです。
方法は今回解説するものとは異なりますが、この動画は
現在でも全然貴重なものです。見て損ありません。

後に投稿された超スピードのタイムアタック動画では、
1磁石1タッチで登頂していました。

(参考)悪魔城ドラキュラHD H7章TA ユリウス 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15010249

このTAは圧倒的精度の色即キャンセルと、バーサーカー
メイル+愚者の石版+L.聖水4箇所実装によるアシュタルテ
瞬殺+ノーダメプレイによって成されていますが、
開幕の外壁登り部分については、それらの高難度プレイ
とは無関係のはずで、実際試してみたら出来ました。


■鞭で7章外壁を登る
慣れるまでのポイントとして、まず「最初の1個目の磁石に
真上+RBでぶらさがり、左右に揺れない状態で練習する
こと」
をオススメします。
磁石掴まり状態からのジャンプは結構ハデな慣性がつくので
揺らしてからの挙動は慣れるまで結構かかります。

そして1磁石に対するアクションは

1:真上RBで揺れずにぶらさがる
2:前斜め上にレバーを入れた状態でRBを離す
  (この操作により斜め上に低くジャンプする)
3:前斜め上に二段ジャンプする(これも低い)
4:二段ジャンプの頂点でレバー真上+RB
5:頂点ならこれが次の磁石に届くのでRBをホールド
6:慣れるまでは、5の状態で一度RBを離す→すぐに再度RB
  で鞭を短くして掴まりなおす

7:2に戻る

このうち、1と6が初心者向けです。
まずはこの7動作のループで速度を上げる練習をすると良い
と思います。慣れたら1を垂直でなく斜め上RBにして揺れる
状態で磁石に掴まり、且つ6を省略して高速化できます。


■磁石の傍からサブウェポンで攻撃
RBホールドでの磁石掴まり状態は、他の攻撃アクションを
すると解除されてしまいます。
では最初の動画ではどうやって攻撃しているのかと言うと、
RBを離してジャンプ状態になり、その間にサブウェポンを
出し、すぐにまたRBで磁石に掴まっています。

これの練習としては、まずは磁石にユリウスの背がつく位置で
RBを一瞬だけ押して一瞬掴まり、すぐ離す・・・という操作の
繰り返しで、磁石の傍で浮遊した状態を維持すると良いです。
(※そう見えるだけで、正確には一瞬掴まっています。)

慣れたら磁石の傍で空中サブウェポン→キャンセルRBで磁石
に掴まるという操作を練習します。
ただし、レバー前+Bのスキルは空中のユリウスが磁石から
離れやすいので注意してください。
他の3コマンドは磁石との座標を保ったまま使い易い部類です。

とは言え、磁石の傍でジャンプSW→また掴まるという操作と、
更に7章外壁を登頂しきるという操作の複合は、結構高難度です。


■垂直に並んでいる磁石を登る
9章のバットを踏めば登れる磁石地点や、5章右上、3章足場付近
などの垂直に並んだ磁石を登る方法です。
7章登頂と同じく、開幕の1タッチを垂直RBで揺れない状態にし、
且つその後の操作もアナログレバーではなく十字キーを使うことで、
左右に揺れずに行うのが初心者のキモになります。
厳密な真下を正確に入力できれば、アナログレバーでもOKです。

9章の磁石地点を例に取ると、まず下の磁石から上の磁石に
移動する操作は

1:真上RBで下の磁石に揺れずに掴まる
2:レバーニュートラルでRBを離してジャンプ状態になる
  (一度掴まりなおして鞭を短くすると確実)
3:垂直に二段ジャンプする
4:レバー真下+RBを2~3回連打して高度を稼ぐ
5:レバー真上+RBで上の磁石に届く

なのですが、実は9章に限っては、二段ジャンプから真上RB
を行えば最初から上の磁石に掴まれるので、この操作は3章や
5章の縦並びの磁石を登るときに使われます。

では、上の磁石に掴まってからワープ絵のある場所への床に
着地する方法は

1:上の磁石に真上RBで揺れずに掴まる
2:レバーニュートラルでRBを離してジャンプ状態になる
  (一度掴まりなおして鞭を短くすると確実)
3:垂直に二段ジャンプする
4:レバー真下+RBを2~3回連打して高度を稼ぐ
5:「届くな」と思った高さになったら二段ジャンプで床へ

5がすごく感覚的な内容ですが、これだけは慣れなので、
実際慣れてください。

9章はユリウスにとって見せ場の連続です。
・開幕にオーラブラストかサウザンドエッジが出るメンバーが
 居なければ、L.ナイフのステキャン連射で前方を掃除。
 (トールハンマーとゲーゴスは最後尾のギャイボンを磁石地点
 まで呼んでしまうため、あんまりオススメではありません。)
・平地が多いため色即キャンセルがどれだけ連続で出来るのか
 マルチのメンバーに丸見え。
・磁石地点を登れるなら、シャーロットとヨーコ以外は全員
 アッパーを踏ませて上に送り込んだ上で最後に自分が登れる。
 これが出来るユリウスが一人居れば、蒼真が居なくても
 シャーロットとヨーコ以外は外壁に行かないor失敗してもOK。
・ジャンプ鞭→二段ジャンプ鞭→L.系サブウェポンによる
 ベルゼブブ戦での意外と高い火力。
・もしくはベルゼブブ左側愛好家による変態プレイ。

どうも私のボス撃破数でベルゼブブが抜きん出ているのは
賢者の石9個コンプとベルゼブブのソウル9個コンプのせいだけ
ではなく、ユリウスで単純に楽しむために参加しているマルチ
の数が圧倒的に多いせいのようです。
シングルでの色即キャンセルの練習にもH9章を使ってるしね。
 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。